布団周りを掃除すること

部屋を片付けることでぐっすり眠れるようになると言われています。

 

掃除をすることで、心が晴れやかになるという話を聞きますが、それと同じように、寝る前にでも周りを綺麗にして、心を穏やかにすることは大切かと思います。

 

まずは寝る前に1分ほどベッド周りを簡単に整え、朝起きたら、掛け布団や枕の位置を整え、窓を開けて換気すること。たったこれだけで毎日気持ちよく眠りにつくことができます。

 

しかし、眠れない人の特徴であるうつ病や不眠症の特徴的な人は部屋が汚いとされているので、改善することは大切ですね。

 

心が疲れているので、部屋を片付ける気力もなくなるのもわかりますが、部屋が散らかっていることで体が重く、何事も面倒くさくなって心が疲れきってしまう・・・

 

これは本当に悲しいことなんですが、ただし、少しずつでもいいので改善しようという心構えをするおkとから始めることが重要になると思います。

 

散らかった寝室で眠れたとしても、それは快眠ではなく、布団の周りが埃や湿気が溜まった寝室で、本質的なリラックスを得ることができない。

 

片付けられない自分に落ち込みながら眠る、いわば現実逃避になるために、まずは寝れる環境づくりを行うために掃除から始めること。

 

寝室をすっきり片付けて、心も綺麗にしてから眠れるような環境を作ることが重要になるかと思います。