眠るために必要なこと

昔からよく言われていたことがありますが、実際のところ効果はあるのでしょうか?

 

それが寝る前に布団に入り「ヒツジ」の数を数えることで、一匹、二匹、三匹、四匹、、、っと、数を数えることで、他のことを考えることなく、次第に眠気が襲ってくるという睡眠方法。

 

しかし、実際のところ効き目はあるのかというと、そんなことはなく、これをしたら眠れるはずだと考えること自体が相当なストレスになってしまう。

 

たしかに、一匹、二匹、三匹、四匹、っで、じょじょに眠りに入ることができるのなら問題はないのですが、100匹、1000匹と、ヒツジを数えても眠りに入れないと、ストレスが溜まってしまいます。

 

その日だけでなく、次の日になっても、またヒツジの数を数えるときに眠れないのではないかと考えてしまい、結局は不眠が襲ってしまう・・・

 

ベッドに入ってから眠気がやってくるのを待つのではなく、眠くなってからベッドに行く、こうして寝室は眠るところという思考を植え付けるほうが眠るまでの時間が早くなるとされています。