眠る前は禁物

本当に眠気を誘うために必要な飲み物

ここらへんはあたりまえだと思いますが、やはり寝る前にはコーヒーや紅茶、緑茶などカフェインが含まれている飲み物は注意が必要になるかと思いますね。

 

カフェインは脳を興奮させる刺激があるために、寝る前にぐびぐびと飲んでしまうと、やはり眠れなくなりますね。カフェインには覚醒作用があるために、どんなに睡眠作用があったとしても、目が覚めてしまう。そのため、眠たい時に目を覚ましたい場合に使うのならいいのですが、夜などは禁物。

 

思考力と集中力を高め、疲労感を軽減してくれるというカフェインの作用は素晴らしく、お肌のシミの予防や改善にも効果があると言われていますが、どのタイミングで飲むのか、そしてどれくらいの量を吸収するのかも考えたい所。

 

 

最低でも、寝る前の3時間前までにして、1日に500ml以上は飲まないこと。
もし、寝る前に何か温かい飲み物が欲しい場合は、牛乳がオススメ。ホットミルクは、胃の中を温めて、自然と眠気を誘ってくれるために、上手く利用してもいいかと思います。