マッサージをする

テレビやパソコンは様々な情報を提供してくれるのですごく便利なんですが、見過ぎることでこれが原因で眼精疲労となり、ここから様々な目の病気になるために注意しなくてはいけませんね。

 

眼精疲労が起こることで、目の周りに負担をかけてしまい、不眠症になる人もいますので、寝る前にしっかりとしたケアをして、睡眠作用を高めることが大切になるかと思います。

 

目とその周りは極度に披露し、様々なトラブルが起こる症状をVDT症候群と呼び、別名でテクノストレスと呼ばれています。

 

もし思い当たる人がいたら改善を図ることが重要になるかと思いますが、就寝前に行いたいのが目の周りの緊張を和らげることで、たとえば、風呂に入り、目の周りを温めてから、優しくマッサージを行うこと。

 

なんだか当たり前のようなことなんですが、テレビやパソコンを長時間見ていることで、目の周りの神経が固くなり、これが原因で血液の流れが悪くなり、痛みや充血、それから視力の低下、眼圧の上昇、不眠などが起こってしまいます。

 

そこで、目の周りを温めて、マッサージをすることで、神経を柔らかくすることで、眼精疲労の軽減につながります。

 

 

ただし、せっかく温めてからマッサージをした後に、布団に入ってからスマフォを扱っては意味が無いので、寝る前はできるだけ目に影響を与えないように心がけるようにしましょう。

 

ちょっとしたことなんですが、寝るために工夫をすることが大切になると思います。