セロトニンを増やすためにちょっとした工夫を

不思議な事なんですが、夏と違って冬の寒い時期になるとなんだか憂鬱になったりするのですが、これはどんなことが理由で起こってしまうのでしょうか?確かに寒いということが関係するのかもしれませんが、もっと違った部分が理由ではないかと思う。実は冬季うつ病が関係し、精神的な部分が影響するそうです。

 

どうしても冬の時期は太陽の光が短いとされ、体内にビタミンDの循環が減るために、脳内のセロトニンが低下することがわかっています。

 

そのために冬はできるだけ太陽光を浴びることを心がけ、室内照明を工夫することが大切ですが、青白い明るい照明を買お近くで浴びること。

 

高両方で使われる専用の照明器具、ネットショップでも入手可能で、意識的に使ったりもするそうなんですが、ただ、抵抗がある人もいるとは思う。

 

冬季うち病の原因は要するに冬の日照時間の短さで、陽の光を浴びないことで、精神を安定させる精神的な物質の低下が関係する。先ほど話したように、セロトニンが低下すると、うつ病のほか不眠症にもつながってしまいます。

 

だけど、一日中太陽の日差しを浴びたいと思っても、昼間は仕事があったりとそんなに暇ではないと思う人もいるので、そんな時に利用したいのが毎日かかさずバナナと牛乳を吸収すること。

 

これは直接セロトニンを増やすわけではないのですが、この食品はセロトニンの栄養分となるために、睡眠やうつ病の予防に繋がることがわかっています。

 

ちょっとしたことですが、悩んでいる部分を解消するために、ちょっとしたことをためしてみるのもいいことだとは思いますね。