タバコやカフェイン

精神的に乱れている人は、なかなか布団の中に入っても眠ることが難しいとされています。そのために、アルコールの力を借りたりしますし、または精神を落ち着かせるにはタバコやカフェインには気を配りたいものです。

 

精神的にやすらぎ、苦痛を回避するために、どんなタイミングが必要なのかも考えておきたいところですね。

 

例えばタバコの覚醒作用は1時間位続くと言われているので、眠る前にスパスパと吸うと、脳が興奮することになるために、気をつけておきたいところ。

 

そして、毎日のように何十本も吸うと、体に悪いし、当然の事ながら眠りも浅くなるために十分に注意しておきたいところで、実際に喫煙者は吸わない人に比べて深い睡眠が減り睡眠全体が浅いこともわかっています。

 

不眠症気味の人は、煙草の本数を減らす、または禁煙を心がけてもいいかもしれませんね。

 

 

カフェインを覚醒作用は約4時間とされていますので、眠る時間から逆算して、飲む時間を考えましょう。

 

高齢者になると6〜7時間持続することもあるので、カフェインはコーヒー以外にも緑茶、紅茶、栄養ドリンク、ココアなど、カフェインが多く含まれている飲み物には注意をしておきましょう。

 

作用時間もカフェインが多いものにそれだけ効き目があるために、気をつけたいところです。

 

 

カフェインの場合は、あくまでも興奮作用があるだけで、決して体に害を与えるわけではないので、睡眠時間のことを考え、一日に飲む量などを計算して、うまく利用することが大切になるかと思います。