週末と平日に差をつけないこと

月曜日の朝よ日曜日の夕方になると急激に憂鬱になったりしませんかね?これをブルーマンデー症候群と呼ばれていますが、次の日のことを考えることで、精神的に嫌なことを考えてしまい気分が落ち込んでしまう・・・

 

不思議な事に平日はそこまで考えることもないことなのに、月曜日の朝と日曜日の夕方にかけて考えこんでしまう、、、

 

どうしてこのようなことが起こるかというと、週末の過ごし方が原因とされています。

 

たとえば、金曜日に「やっと一週間が終わった」遊びに行くぞ!!っとテンションが上ったり、日曜日に遅くまで睡眠をとったりする。

 

つまり、平日とは違った行動をとることで、ブルーマンデー症候群が起こるとされています。

 

平日に不足した睡眠時間を週末に返済するのは非常に大切なことなんですが、心がけたいのが眠る時間をできることなら平日と比較にならないようにしておくこと。このちょっとしたことなんですが、心がけるだけでもぜんぜん違うとされています。

 

例えば、いつもは0時に就寝をしてから6時に起床の人は休日でも、同じくらいの睡眠時間を心がけること。

 

ある程度の疲れを癒やすために2〜3時間ほど長めに睡眠をとったとしても、結果的には疲労を回復することは難しいとされているために、平日と同じような睡眠時間を心がけ、リズムを意識しておくことが重要。

 

そうすることで、日曜日の夜に睡眠を取ろうとしても、平日通りに眠れるために、ブルーマンデー症候群になりにくいとされています。