試したことがある「プロリズム」

数多くの副作用

どうしても寝つきが悪い場合は薬の手段も一つかも知れません。ただし、その一歩手前の段階でも改善する方法貼るために、まずは色々と調べてから、どんな方法をすれば、深い眠りに入れるのかを試してみることが重要になると思います。

 

私も一度だけ試したのが「プロリズム」という、ドラックストアーで販売されている睡眠薬です。症状自体は浅いといわれたために、使ってみたんですが、やはり副作用が強かったので3錠で辞めました。たとえ、睡眠作用があったとして、副作用で他の症状が出るのなら意味がありません。

 

プロリズムはネツキガワルイ、眠りが浅いなどの、一時的不眠をやわらげる薬、この薬の有効成分は、抗ヒスタミン剤として、ケミカルメディエータ重要対作用を起こすことでも知られているそうです。

 

つまり、副作用が起こる問事なんですね。
この副作用の報告としては、肝機能の異常と、薬物毒性の2件が実際に起こったとのこと。

 

この睡眠改善薬は、ドラックストアーなどで販売されている「ドリエル」と同じような作用があるそうですが、どうしても副作用が強いために、私は途中でやめました。

 

やはり薬にはそれなりの副作用が強いために、効果だけでなく、副作用のことも考えて使いたいものです。